スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代を越えて

その日は仕事も無く、温泉でも行くかな~と軽い気持ちでクロスにまたがった

川内のさくらの湯



温泉でゆっくりして帰り道、天気もいいし少し走るかなと思い
川内公園に来ました



ここは昔、オヤジと遊んだ思い出の場所

そうだ、ここまで来たなら川内散策してみようと川内の奥地へ走ります



沢も綺麗

奥に進むとこんな森がありました



えぇ!👀
名前が名前なんでビックリしました
愛媛トヨペットて…(笑)

行き止まりだったのでUターンして帰ろうとしてから

この不思議な話しは始まります


帰り道、「篠森神社あと2キロ」という看板が目に入った

別になんとも思わなかったが、なんとなくクロスを止めた

道は険しく、人が通った気配もないのに
なぜか行ってみようと思いました

しばらく登ると、そこには廃墟の村がありました



気持ち悪いなと思いながらも奥へ進むと突き当たりになり

そこに比較的新しい石碑が



読んでみて驚きました

今から約600年前の大正年間

当時、一本松に城を構えていた篠森家という武将がおりました

そこに土佐の長宗我部元親が四国征圧の為、攻め入り篠森家は落城

一本松を追われた篠森一族はここに移り住みました

その後、篠森神社を築き祖先を奉ったそうです

僕の名前は長曽我部

寒気がしました

篠森家にとって長宗我部は因縁

なぜ、僕がここに来たのか

呼び寄せられたのか

とにかく、単車を止めて険しい山道を歩き、神社に到着

深々と頭を下げてきました。



なんとも言えない気分での帰り道


ん?待てよ


カブスのとし君

確か、篠森やなかった?

ん? そうやん…

まさかと思いながら確認してみると

なんと、そのまさかの篠森一族

とし君もその篠森神社にご先祖様のルーツを探るべく行ってたみたい

長宗我部元親が篠森に攻め入った際、
先陣を切って出陣したのが

高知、安芸の僧津

まさか、その僧津一族もカブス

そう、皆さんご存知の僧津さんです

こんな事ある?

戦国時代に戦で闘った武将同士が

約600年後、平成の時代に一緒に遊んでいる

なんて言っていいのかわからない

不思議な縁

鎮魂の参拝となった訳ですが、

いろんな事を考えさせられる1日でした


おわり


コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
縁あってこのブログにたどり着きました。
母方が篠森です。

そこへは一度叔父に連れて行ってもらったことがあります。
記事にしていただきありがとうございます。

母方の親戚はみな、とても優しい人ばかりです。
あなたがそこへ参ってくださりきっと先祖がよろこんでくれているとかんじました。

本当にありがとうございました。

JUNKOMAMAさん
はじめまして
あの日の出来事は今でも不思議な経験の一つです。
鎮魂の碑に示されていた記述を読んで哀悼の意を心に深々と御参りして参りました。
これも何かの縁、これからも宜しくお願い申し上げます。
プロフィール

ケンタッチ

Author:ケンタッチ
どうも ケンタッチと申します。

ブログ始めたばっかで全然イケてないブログですが

キャンプネタやカブネタ(バイク)を少しづつ

UPしていきますので

お暇な方はちょっと覗いてやって下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。